二胡を始めようかと思う。

擦弦楽器は音が出るまでが難しく、以前無謀にもヴァイオリンに挑戦して、あっけなく撃沈した苦い思い出がある。

最初は経験者から習うのが一番なのだが、あまりにも人に習うのが恥ずかしい年頃なのでつい独学でやろうとするのだ。

二胡は弦が2本だし足の腿に乗っけて演奏するらしい。

ヴァイオリンと違って肩が凝りそうには見えない。すでに五十肩で腕もうだつも上がらない小生としては、もしかすれば少しくらいは音が出るかも…などと密かに思っているのだ。

これから果てのない旅路が始まるが、いったいどうなることやら。続編乞うご期待。

nikophoto

wirtten by MATSU

関連記事

かまくら作りスタート!

今年最後のブログ

アイ・クリエイトより 年末年始休業のお知らせ

お祭りの金魚すくい

夏の音

人手不足の救世主なるか Google for Jobsがついに登場!!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です