ここ数日、気持ちの良い「五月晴れ」の好天の日が続いています。この時期は一年でも一番過ごしやすい季節と感じます。

 

「五月晴れ」は今では清々しい晴れを指す言葉として使われていますが、もともとは梅雨の合間にたまに見られる晴れ間を指す言葉だったらしいです。

ちなみに読み方は清々しい方が「ごがつばれ」。梅雨時の方が「さつきばれ」。

 

・・・全然知りませんでした。恥ずかしながら「ごがつばれ」という読み方も知りませんでした。

 

普段はゆっくりと空を見上げる機会などありませんが、新緑の中、「五月晴れ(ごがつばれ)」を眺めながらのんびり散歩するのもいいかもしれませんね。

written by KAN

関連記事

マフラーの巻き方の話

おやつの体育館

綺麗な形とデザイン~サボテンと多肉植物☆彡

ザ・鉛筆

【ころものつぶやき】イラストを 展示するので 見に来てね!

ココロ豊かで楽しい暮らし 町分マルシェ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です