みなさまこんにちは!ようかんです。

先週はドカーンと雪が降りましたね~!

やはりこのまま楽には終わらせてくれないか~

という諦めと

いやいやこの後はもう降らないかも!

という期待が入り混じった気持ちで日々過ごしております。

 

しかし山からの雪解け水が足りなくて

農作物の収穫量に影響がでるかもしれないと

心配される方もおり。

豪雪もこの地に必要な自然の円環の一部なんですね。

 

 

さて本日は今夢中になってるドラマをご紹介させてください。

NHK大河ドラマ

「麒麟がくる」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

 

\ 戦国クラスタのみなさ~ん! /

\ 三年ぶりの血沸き肉躍るガチ戦国大河ですよ~!/

 

今回の主人公は明智光秀

年末のテレビ番組

「国民10万人がガチ投票!戦国武将総選挙」において

堂々1位に輝いたほどの人気を誇る織田信長を

本能寺の変で討ったことはあまりにも有名です。

信長人気との対比で

一般的な物語では悪者扱い…

といってもまず差し支えない光秀なので

いったいどんな風に描写するの!?

とワクワク8割ドキドキ2割でしたが

結論から言えば最高でした。

 

長谷川博己さん演じる十兵衛(のちの明智光秀)がね

すごくいいんですよ。

刀の腕がめっぽう強くて

農村を襲う野盗をばっさばっさ切り捨てるわ

情に厚く火の海にとびこんで子供を助けるわ

がんばれええ~光秀がんばれええ~って

応援したくなる好人物。

でも若さゆえ百戦錬磨の商人に騙され(?)たり

主君の利政(のちの道三)にいいように使われたり

見ててハラハラもする。

完璧じゃないんです。

穴だらけで危なっかしい。

この人物がいかにして信長を追い詰めるのか

成長を見守りたくなりました。

 

ラストは誰もが知ってる

非業の死を(たぶん)遂げるわけですが

視聴者どこまで納得させてくれるシナリオなのか

本当に楽しみにしています。

でもすでに光秀ガチ勢となり

ペンライト持って応援したいくらい

好きになってしまっているので

どうなっちゃうでしょうか。

しんどい。

タイトルの「麒麟がくる」は中国の寓話に基づくもので

麒麟は平和な世の中にしか現れないとされる神獣です。

ストーリーは今のところ

壮絶に裏切り裏切られる乱世真っただ中。

戦のない世を願う光秀は麒麟をなんとしても呼びたい!

その熱い想いを一年間一緒に見守りませんか!?

※Twitterのハッシュタグで感想見ると更に楽しめます!

 

まだ3話です!間に合います!

 

written by ようかん

関連記事

身近な鳥さん

I LOVE 激辛~私をとりこにする辛い物たち~

東京五輪1年延期

突然のながーい春休み

コロナウイルスと情報化社会

贅肉酒店の久々ランキング

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です