季節販促のススメ 10月と11月はここをおさえよう!

今回は、10月と11月の季節販促について紹介します。集客をするうえで、季節を押さえることはとても重要なことです。季節にあったターゲット、商品を前もって押さえ対応して販促活動をすれば必ず売上増につながります。

○10月

秋がより深くなる季節、七五三は11月が本番ですが、10月から商戦は始まります。また、ここ秋田では紅葉狩りや温泉、フルーツ、お米などの旅行商材も豊富な季節になります。10月末のハロウィンイベントは秋田においてもだいぶ認知されてきているイベントですので注目です。

*キーワード

稲刈り、フルーツ、紅葉、ハロウィン、スポーツ、衣替え、孫の日

キーワードから考察してみた!業種別こんな販促が有効的!!

【飲食店】

秋の味覚収穫キャンペーン、ハロウィンファミリーフェア、とれたてきのこ懐石、スポーツ団体割引コース、etc

【小売・サービス業】

秋のファッションバーゲン、夏物見切処分セール、スポーツの疲れを癒やすキャンペーン、ハロウィン衣装・仮装フェア、etc

 

○11月

初雪が降る地域もあり、冬の訪れが感じられる季節です。クリスマスや年末にむけて様々な需要が生まれる時期でもあります。ボーナス待ちの季節になり引き締め傾向ですがボジョレーヌーボーや文化の日、七五三、秋分の日などのイベントを販促に利用できます。

*キーワード

七五三、暖房器具、冬支度、雪囲い、鍋物、ボージョレー・ヌーボー、防寒着、温泉

【飲食業】

鍋であったまろうフェア、ボジョレーで楽しむワイン会、七五三お祝いキャンペーン、いい夫婦の日特別コース、etc

【小売・サービス業】

冬のコーディネートフェア、 七五三セール、寒さ対策暖房器具フェア、冬囲いキャンペーン、etc

 

☆12月への準備

 12月はお歳暮やクリスマス等といったギフト商戦が1年で一番活発な月。10月から予約を開始する企業やお店もあるので、早めの販促活動を。また、正月あけの商戦の準備も。小売業は年末の大掃除の訴求も効果が高いといわれております。

季節のキーワードを利用したり、組み合わせたりすることによって販促活動の幅はより広がります。みなさんも是非、いままで以上に季節販促をとりいれて集客につなげてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です