採用ツールが映す今~第1回~

初めまして。
今回から販促メルマガの1室をお借りして採用に関する情報をお届けする
このコーナー。

これまで「採用メルマガ」では、特に新卒採用のテクニックなどについてお話ししてきましたが、このコーナーでは、別の視点、採用ツールについてお話しして参ります。

まず初回は「会社案内」です。

皆さん、新卒、中途に関わらず採用で使用するパンフレットなどはございますか?

まず間違いなく、会社案内と答えられる方がほとんどでしょう。
しかし、現在の採用市場では、会社案内ではなく、「採用用の会社案内」を使うのが一般的です。
なぜなら、会社案内は、自社の紹介を社外の不特定多数の方向けに制作したものだからです。

「それがなぜ悪い?」

最近の就職世代は、会社の事業や概要よりも、社内の雰囲気、自分がその会社に就職してどのようになれるのか、又はどのように成長させてくれるのか、に重点を置いています。
新規に事業契約を結びたいと考えるような企業には、会社案内は最適ですが、こと採用に限れば、会社案内では、不十分なのです。

例を挙げれば、

・社長(代表者)メッセージ

代表者から就職希望者に向けてのメッセージが綴られます。

自分に対してのメッセージ、就職希望者にとってはそのようにとることができますから通常の「ごあいさつ」とは、ここが違います。

 

・社員(スタッフ)の声
・スタッフ1日のスケジュール

 

社員がどのように業務にあたっているか、仕事以外の時はどのようにしているか、を把握することで、より入社時のイメージがつかみやすくなります。

 

・社内行事などのスナップ写真

社内行事や仕事の風景は、企業概要には載らない「素」の社員達ですから、就職希望者にとってはより親近感が湧く内容になります。

就職希望者は、このような記事を見ることで、より入社した際のイメージがしやすくなると言います。

合同説明会や就職面接会に参加してもなかなか採用に繋がらない、面接者の評価がいまいち、といった方は、こういった点が問題なのかも知れません。
もうすでに会社案内をお持ちで、採用に悩まれている方は、是非、採用用の会社案内を制作することをおすすめ致します。

それでは、良い採用を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です