それで大丈夫ですか?販促物の使い分け

冬より夏派。ゆずひこです。
ついに会社のある横手市に雪が降ってしまいました。
迅速に溶けてほしいと心の底から思います。

 

販促活動をしようと考えたとき、チラシ・DM・web・新聞・雑誌など色々ありますが、皆さんの会社では何を使っていますか?

自分の担当しているお客様や、知り合いの会社も今上げた媒体を使って、
新規・既存・休眠顧客に販促活動しているのですが

中には

「え?その情報、この媒体使っているの!?」
「他の媒体使ったほうが良いのに・・・」

と言うお客様も少なからずいます。

販促媒体にはそれぞれメリットとデメリットが必ずあります。

代表的なものをまとめるとこんな感じ↓

DMは特定の宛先、特に既存や休眠客にピンポイントで販促できる一方、
新規顧客には見向きもされない可能性がありますし、どこのエリアに送るか・個人or法人に送るのかなど送付先選別の時間とコストがかかります。
逆にwebはエリアと宛先を細かく特定出来ないですが個人・法人問わず集客できます。

 

このように、各媒体にはそれぞれメリットとデメリットが必ずあります。

完璧なものなんて、この世に無いのです

↑こちらの言葉、ここ1ヶ月で心の底から思いました。

 

ただ、1つだけでなく2つ使うと話しは変わります。

 

仮に、雑誌広告掲載して、webへ誘導し、お客さんに行動を起こさせるとします。
掲載量が限られる雑誌広告ですが、
大まかな情報を雑誌広告へ掲載→より詳細な情報はQRコードを掲載して、webに誘導する

↑こんな感じで

専門用語になりますがクロス・メディアといい
それぞれのメリットを活かし、隙のない販促を行えば・・・・・と言うのも有りです。

どうですか?今の広告は、今使っている媒体に合っていますか?効果的に使っていますか?
より効果を得るのなら、年明け1月から見直すのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です