こんにちは。DTPエキスパートのdoctorg3です。

さて、本日のテーマは日々さまざまなデザインの仕事をする中で感じることです。

クライアントから写真やテキストの情報を頂きます。

チラシであれば、

1. 目的は何か、

2. どんな人が見るか、

3. どのような配布の仕方をするか、

4. コンセプトはどのようなものか を鑑みながら、テーマカラーを決めます。

その前に最も難しいのがコンセプトですが、これはクライアントから与えられることはないので、自力で絞りだします。

これについては、後日。本日は、クライアントから与えられる場合もあるテーマカラーについて。

デザインのコンセプトが決まれば、自ずと季節感や業態、商品・イベントの質などから、メインとなるテーマカラーを決めていきます。

一般的なところは以下の通り。

医療系 royalblue
#4169e1
ブルー系(清潔感)
飲食系 orangered
#ff4500
オレンジ、赤などの暖色系(肉、野菜などに多く含まれる色)
IT系 mediumblue
#0000cd
ブルー、紺系(クール、スマートな印象)
旅館 darkslategray
#2f4f4f
暗色系(歴史を感じさせる)
ホテル midnightblue
#191970
紺系、ゴールド系(高級感)

 

今回は、上記に属さないテーマカラーを選択せざるを得ない場合のお話です。
同じブルーにしてもありきたりなブルーにはしたくない、夏っぽいブルー、海をイメージするエメラルドグリーン・・・・等。
そんな悩めるデザイナーを助けてくれるのが本日の特別メニュー、イラストレーターの「Adobe Colorテーマ」です。

CCの以前のバージョンでは、ブラウズでadobeのサイトにアクセスしダウンロード、スウォッチに反映されるのを唯々待つ、という非常に気の長いものでしたが、現在は、「Adobe Colorテーマ」のパレットが直接呼び出せるので便利になりました。

ウインドウメニューからAdobe Colorテーマを選択します

デフォルトでは、上記のような100種類近いテーマが存在します。これがあれば鬼に金棒、テレビは相棒。

お好みのカラーを選んで右下の「…」メニューから「スォッチに追加」を選びます。

デフォルトでは、「Adobe Colorテーマ」を開くと「探索」のタブが開いた状態です。

ここからテーマカラーを探して、スウォッチに追加したり、編集したり、「マイテーマ」に追加したり、が可能になります。

編集するには、テーマカラーを選び「作成」タブをクリックします。

するとカラーホイールが登場し、現在のカラーの位置が○印で示されています。この○印を移動させて編集するわけです。

①下のバーでは、明度が変更できます。注目すべきは、②の「カラールール」です。

ここでは、「類似色」「モノクロマティック」「トライアド」「補色」「コンパウンド」「シェード」「カスタム」が選択可能です。

この編集方法については、「Adobe Color テーマパネルの使用」が詳しいのでそちらをご覧ください。

 

では、次回は実際にテーマカラーを選定について

①メインのテーマカラーを選定

②サブのテーマカラーの選定

について書きたいと思います。

 

written by 佐藤(義)

関連記事

テーマカラーの解決法~その2~

TAC値って何?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です