noteで書く

めっきり寒くなってきた今日この頃ですが、ついに天気の週間予報に雪マークが登場し、最低気温の予想もマイナスが付き始めてきました。
こうなってくると、スタッドレスタイヤへの履き替えをすると共に、食卓へのおでんや鍋物の登場回数が増え始めてきてるのではないでしょうか??
一般に気温が25℃を下回るとおでんや鍋の具材が売れ始め、15℃を下回ると一気に売れ出すと言われています。

スーパーなどでは、天気予報を見ながら仕入れる商品を選択し、チラシに掲載したり、陳列を変更したりしています。
冬支度や、衣替えの時期は毎年迷ってしまいますし、気温が何度になったら始めようという人もあまりいないと思います。

チラシに鍋の具材が載り出したら始める!というのも目安になりそうですね。

チラシと言えば、面白い(考えさせられる)チラシを見つけました。
見出しが、
「受験生応援・合格祈願・がんばれ受験生」 ほろよい(←酎ハイ)各108円(税込)

「ご奉仕品」理由あり子持ちししゃも 100g108円(税込)

どちらも深い意味と、理由があるのでしょうね…

6ec210e265dd7c019655aab2a5af6efb_s

written by KOH

noteで書く

関連記事

ついに!3年ぶりの夏フェス!!

自分の絵が踊りだす!らくがきAR

【成人済み】新入社員、知育菓子で遊ぶの巻

【サッカー】PSG(パリ・サンジェルマン)はなぜ強い?

【大改造】駆け出しエンジニアが一ヶ月イラストを練習した結果!!

木版画のイメージってどんなですか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です