上野の国立西洋美術館が世界遺産に登録されたばかりだ。

私が世界遺産の中で一番行って見たいところは、トルコのカッパドキアだ。(最近クーデターで騒がしいが。)

カッパドキアの歴史は紀元前にまでさかのぼるらしいのだが、写真で見る限りその地下都市における神秘的な隔絶感は、

ペルーのマチュピチュにも共通するものだろうと思える。

おそらくどちらも外的侵入を阻止するために考えられた方策だろうが、それに費やされたであろう時間と労力を想像してみると、いったい何世代間の事業だったのか。

人間は常に人間を恐れていた。

こればかりは、いつの時代も変わらない。

まぁそれはいいとして、1回は行ってみたいよね。

kappa

関連記事

麒麟がこない(今のところ)

ストレスを発散しよう!!

本とは

とりテン ダマテン それフリテン

うっかりしがちな免許更新

かまくら作りスタート!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です