noteで書く

先日、NHKで宮﨑駿監督のドキュメンタリーが放送されていました。

小さい頃からジブリを見ながら育ったジブリ好きの自分は、テレビの前に正座しながら見入っていました。

 

ジブリには名作が数多く有り、その作品たちは数多くの素晴らしいシーンや音楽等で構成されています。

そしてそれらは皆、宮崎監督やスタッフの方々の「こだわり」から生まれています。

当たり前の話ですが、人は中途半端に作られた物には魅力を感じません。

制作者が自分の信念に基づき、細部までこだわり抜いて作った作品を見たとき、人はその熱意と完成度に感動し、本能を揺さぶられるのだと思います。

 

番組の中にも、宮崎監督の「こだわり」がそこかしこに見受けられました。

キャラクターの毛の一本一本の動きにも妥協を許さず、何枚もラフを描いては捨て、描いては捨てを繰り返し、ひたすら自分が納得するまで手を動かしていました。

若いクリエイターに自分の思い描くイメージが伝わらないときには、それまで一切触れてこなかったデジタル(液晶ペンタブレット)にも挑戦し、

慣れない操作に四苦八苦しながらも自分の「こだわり」を表現しようとする姿に感銘を受けました。

ジブリはここが舞台だった!名作ジブリ映画12作品のモデルになった絶景地20選
「ジブリはここが舞台だった!名作ジブリ映画12作品のモデルになった絶景地20選」より

もちろんこだわるべきなのは映画だけではなく、どんなことにおいても必要なことです。

当社で制作しているチラシ、ポスター、パンフレット、Webなどの制作物も、隅々までこだわって制作しております。

消費者に自分たちの「こだわり」を伝えたい!と思っていらっしゃる方、ぜひとも当社にお任せください。

ご注文は当社通販サイト「秋田パンフレット制作.com」より承っております。

お電話でもメールでも受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

1124

written by 孝昭

noteで書く

関連記事

ついに!3年ぶりの夏フェス!!

【成人済み】新入社員、知育菓子で遊ぶの巻

【サッカー】PSG(パリ・サンジェルマン)はなぜ強い?

【大改造】駆け出しエンジニアが一ヶ月イラストを練習した結果!!

【麻雀】超絶基本の牌効率!

社交ダンスのススメ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です