noteで書く

朝、どれだけ積もっているのかと窓から外を覗いてみます。

見えるのは一面の銀世界!

他の季節にはない、包み込まれ覆われる、白だけの世界が目の前に広がります。

色鮮やかな日常の風景を、短い時間で変えてしまう自然の激しさ・偉大さ・美しさを感じずにはいられません。

雪国ならではの季節の風情を感じられる瞬間です・・・

とそこに、ガゴガゴーガガガガガーーこの静寂を壊す大型の除雪車が、大きな音を立ててやってきます。

「あ〜〜なにおめ呑気なこと言ってるなだ、早ぐ雪(ゆぎ)よしぇれ!」

なんで雪なんか降るんだろう?

南の島がうらやましいなあ・・・現実に引き戻されました。

written by TAKA

noteで書く

関連記事

音楽の秋なのでアニメMVを見よう( ・ω・ )

怖がりは絶対見るなよ!おすすめの「ガチホラー映画(洋画)」オカルト編

ライブハウスの思い出

壁に耳あり障子に目ありどころじゃない話

夏の終わりに「微ホラー映画祭り」

冬を乗り切るために真夏のうちから常春空間を目指す話

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です