朝、どれだけ積もっているのかと窓から外を覗いてみます。

見えるのは一面の銀世界!

他の季節にはない、包み込まれ覆われる、白だけの世界が目の前に広がります。

色鮮やかな日常の風景を、短い時間で変えてしまう自然の激しさ・偉大さ・美しさを感じずにはいられません。

雪国ならではの季節の風情を感じられる瞬間です・・・

とそこに、ガゴガゴーガガガガガーーこの静寂を壊す大型の除雪車が、大きな音を立ててやってきます。

「あ〜〜なにおめ呑気なこと言ってるなだ、早ぐ雪(ゆぎ)よしぇれ!」

なんで雪なんか降るんだろう?

南の島がうらやましいなあ・・・現実に引き戻されました。

written by TAKA

関連記事

全日本トップクラスの選手が秋田に

花火大会に行かずして夏は終われない

好き嫌いの話

己を知れば百戦あやうからず

【東京→秋田】Aターンにかかった金額

花巻市の奇跡 マルカン食堂

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です