7月8日、次世代につなぐ里山のなりわいづくりサンソンプロジェクトのセミナー&円卓会議が横手市山内公民館で開催されます。

 

セミナーの部は、秋田大学教育文化学部地域文化学科教授の石沢真貴さんを講師として招き「まちと農山村部の共存性を考える」と題した講話があり、人口減少、少子高齢化、地域のコミュニティなど様々な問題があるなかでとても興味深い内容だと思います。

 

講師の石沢真貴さんは「あきた型・元気ムラ」再生総合推進事業」という、秋田県と県内市町村が共同で進める住民参加型の集落活性化活動に、発足当初から関わってきているそうです。

 

秋田県だけではなく、日本全国的に問題となっているテーマですので、ぜひ、一人でも多くの皆さんに

 

聞いて頂ければ幸いです。

written by YAMAKAWA

関連記事

とりテン ダマテン それフリテン

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です