ロー引きした和紙。金属のような風合いに仕上げられた和紙で作られたアクセサリーに驚きました。

私たちが、普段印刷している紙がここまで変化するのかと。

このピアスやイヤリングは、何度も着色液に浸すことによって和紙と偶然が見せてくれる色と質感が出るそうです。

そこにワイヤーのカタチがとても良い感じで出来ていて、色と質感は、この素材だから出てきたそうです。
紙なので強さは大丈夫かと思いましたが、とても紙とは思えないほど丈夫に仕上げられていました。

紙だからこそと、紙にこだわる作り手の想いが伝わる作品でした。

written by yamakawa

関連記事

五月晴れ

初夏の風物詩

UNOの積み重ね禁止ルール!?

贅肉ランキングBEST3【3~4月】

古いおうちの魅力

GWの過ごし方は?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です