先日、寒中見舞いを頂きました。こちらから出した年賀状へのお返しみたいなものですが、
突然の何気ないお便りは嬉しいものです。

年賀状は、なかなか会えない旧友達やご無沙汰している大切な人達。
毎日のように顔を合わせている職場の仲間などと“気軽に”連絡がとれる大切な行事だと考えています。

改まったことは必要なく、好みの絵柄を使い、自分の言葉を使って出来る範囲でお便りしています。
師走の忙しさに巻き込まれたりして大変な時もありますが・・・。

今回のような“寒中見舞い”もまたいいもんだなあなんて思ったりしました。

その年賀状や寒中見舞いをくれた人たちの、
メッセージの内容にある共通点を見つけてしまいました。

“一杯行くぞ!”とか “飲みすぎないように”とか “飲み屋の思い出話”とか・・・

 

おいおい!お前ら酒しか頭に無いのか!

written by takase

関連記事

五月晴れ

初夏の風物詩

UNOの積み重ね禁止ルール!?

贅肉ランキングBEST3【3~4月】

古いおうちの魅力

GWの過ごし方は?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です