今年の「土用の丑の日」は7月20日だそうです。

なんで「土用の丑の日」にうなぎを食べるのか。

調べてみますと、これには諸説ありますが、実はそもそもキャッチコピーだったみたいです。

 

江戸時代、蘭学者として有名な平賀源内が夏場の業績不振に悩むうなぎ屋に相談を受け、丑の日に「う」からはじまる食べ物を食べると健康になるという習慣を利用し「本日は土用の丑の日」と書いた張り紙をするように言いました。

 

これによってうなぎ屋は大繁盛。その後ほかの店もまねるようになり、風習として定着したといいます。

 

それ以来、200年以上たった今でも、人を動かしているのですから、その広告効果は絶大ですね。

天才・平賀源内は日本初のコピーライターだったのかもしれませんね。

 

実際にうなぎには疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれており、夏バテ防止にはピッタリな食材みたいです。

 

猛暑が予想される今年の夏、土用の丑の日にはしっかり栄養つけて乗り切りましょう。

written by KAN

関連記事

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

任天堂のフィットネスゲームで冬を楽しく過ごしてみる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です