9月に入り、厳しかった夏の暑さも少し和らぎ、秋の足音が聞こえてくる季節になりました。

気象庁の予報用語では、「秋」は9月から11月までの期間とされているみたいです。

 

あるアンケートで全国47都道府県の出身者に「夏は何月何日までと思いますか?」

と調査したところ、「夏の最終日」の平均は「9月8日」という結果でした。

 

もっとも夏が早く終わるのは、北海道出身者で8月29日。長く続くのが沖縄県出身者で9月28日。ほば1ヶ月の差があります。

北から南へ1ヶ月かけてゆっくり夏が終わっていくイメージですね。

 

平成最後の夏は「カナノウ旋風」で県民にとって忘れられない夏になったのではないでしょうか。

夏から秋への季節の変わり目は、冬が近づくことを肌で感じはじめ、どことなく寂しい気持ちになりがちです。

夏の疲れをしっかり取り、仕事もプライベートも充実した平成最後の秋を送りたいものですね。

 

written by KAN

関連記事

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

任天堂のフィットネスゲームで冬を楽しく過ごしてみる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です