noteで書く

WOW!!!!!!!!!!!!!!!

MATRIXが帰ってくる。

新たな脚本で制作が開始されるというニュースを耳にしたのは昨年のことだった。

すでに撮影は終了しているが、撮り直しの現場をキャッチしたニュースを先日目にして思い出した。

『マトリックス4』撮影やり直しか、キアヌ・リーブスの足に「貼られた物」に興奮! – フロントロウ –

 

過去の3部作はすべてDVDを持っていて、暇を観ては好きなシーンだけを繰り返し観て感動を味わっている。

MATRIX

公開は1999年。斬新な設定と撮影方法で話題となった。

MATRIX RELODED

公開は2003年。話題となった前作からその公開が待たれたことから、派手なオープンニングセレモニーを日本でも行っている。グリーンのツリーの点灯式は記憶に残っている。

ただ、公開は6月なので、どんな経緯でそのニュースを観たのかは分からない。

 

MATRIX シリーズ最終章 REVOLUTIONS

機械との最終戦線に臨む。数十名のアニメーターによって作られた戦闘シーンのCGは圧巻。

 

マトリックスで驚嘆させられたのは、キアヌの格好良さ、キャリー・アン・モスの美しさもさることながら物語のコンセプトだ。

今見えている世界は、仮想空間であり、プログラムされた空間。

現実の世界は機械と人間が戦争を繰り広げている2XXX年。空は壊され、人間は地下に潜り、機械は仮想空間にまで入り込み、人間を駆逐しようとしている。

そこで人間はこう考えた。電気のもととなっている太陽エネルギーを隠してしまえばいい。

しかし、頭脳を持った機械は数段上だった。機械は人間の生体エネルギーを電源として使用することに成功する。

人間を生産する巨大なクローン工場を造り、人間を「餌」として繁栄していく。

この物語のコンセプトこそ、私がこの物語に魅了されて止まないきっかけとなった。

なんという発想!マンガなら有りそうな設定なのかもしれないが、自身あまりマンガを読まないので不案内だ。

「AKIRA」の大友克洋ならこんな着想はあったかもしれない。

(※「AKIRA」の公開は1988年。この映画に深く影響を与えたとされる)

 

1作目の公開が1999年。弾丸を避けながらスローモーションで倒れ込むシーンはあまりにも有名だ。

30台のスチールカメラをつなぎ合わるという発想も当時は新鮮だったはずだ。

発明とも言える撮影方法は、その後、さまざまな映画で目にするようになった。

 

本作の公開はコロナの影響でさらに先延ばしされ、今冬になるかもしれない。

まずは続報を待ちたいT。

DOCTORG3でした。

noteで書く

関連記事

怖がりは絶対見るなよ!おすすめの「ガチホラー映画(洋画)」オカルト編

ライブハウスの思い出

壁に耳あり障子に目ありどころじゃない話

夏の終わりに「微ホラー映画祭り」

冬を乗り切るために真夏のうちから常春空間を目指す話

善きこと、悪しきもの

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です