noteで書く

こんにちは、dotorg3です。

今年は、年の始めから災害級の大雪や親類の訃報など、五十数年生きてきた中で、最もと言っていいほど、厳しい年でした。

・テニス肘

・ウイルス性のイボ

・腱鞘炎

・頚椎椎間板ヘルニア

・結膜炎

これらは今年、私の体を蝕んだものの名前です。

今年は本当に辛かった。まだ夏が終わろうとしているばかりですが、本当に辛かった。


ある時から、右足の親指の付け根に小さいイボのようなものができていました。

最初は、痛みもなく、そのうち落ち着いたら皮膚科にでも行ってみよう、と軽く考えていました。

そのうち、徐々に肥大化していき、GW頃には小豆大にまで成長していました。

ある日の会社からの帰り、右足の靴の中が妙にぬるぬるするのを感じました。

汗か・・・。

途中で車を止めて、靴を脱いでみると、なんと靴の中が血だらけ・・・・。

そう、イボが潰れていたのです。

帰って奥さんに気付かれないように、テッシュの塊で何度も拭いたものの、ちょっとだけカーペットに付けてしまった。

玄関から部屋までの廊下にも血の跡が点々としていたようで、気づいた奥さんに大目玉を喰らってしまった。

次の日、皮膚科を受診すると、先生曰く、「これは手術して取らないといけないね。大学病院に紹介状書くから行ってきて。」と。

ええええええ~~~~~~!!!!!

手術~~~~~!!!

大学病院~~~~~~~!!!!

ここでできないんですか?

ちょっと切って止血すれば、済むんじゃないんですか?

そんな簡単じゃないよ。まあ、いくまで清潔にして。傷つけないように石鹸の泡で優しく洗って。

 

ところが、大学病院へ行く前夜、それはポロリと痛みもなく取れてしまったのです。

当然のことながら手術はないものの「組織を取って検査します」と波留似の美人な先生は言うのでした。


 

私が何をしたというのでしょう。

私の何が行けなかったのでしょう。

やはり、大雪で初詣が出来なかったことが原因か。

何はともあれ、健康でいてこその物種。

noteで書く

関連記事

怖がりは絶対見るなよ!おすすめの「ガチホラー映画(洋画)」オカルト編

ライブハウスの思い出

壁に耳あり障子に目ありどころじゃない話

夏の終わりに「微ホラー映画祭り」

冬を乗り切るために真夏のうちから常春空間を目指す話

秋田竿燈まつりで一番美しいと思う瞬間は

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です