[A3RT]オープンイノベーションの恩恵!リクルートテクノロジーのAI「A3RT(アート)」を試してみた。

まえがき

特定領域のノウハウを独占するのではなく、他領域の技術や知識を組み合わせ、より革新的なサービスやビジネスモデルの開発につなげることを狙ったオープンイノベーション。そのオープンイノベーションの考えから株式会社リクルートテクノロジーよりAIソリューション「A3RT」が3月に一般公開されました。正直先日まで知らなかったのですが話題になっていましたので、A3RTで提供されているAIのうち5つのAIソリューションを試してみました。

作ったもの


A3RTで遊んでみた

*スタイル調整していませんので、デザイン崩れがありましたらご了承ください。(動作確認はGoogle Chromeのみです。)
解説も考えていますが、正直なところ、プロダクトのドキュメントが丁寧すぎて、逆に自分の文章で混乱を生じさせないか不安なところです。

解説

触ってみて感じたこと

初期のままだと実践で使うには少し躊躇しますが、Listing APIImage Influence APIText Classification APIあたりは、自分好みのモデルを作って評価することが可能です。リソースが少ない個人での開発だと、モデルを作れるだけでも感動ものです。教師となるデータ作り(収集)が大変ですけどね…。
JavaScriptだけだと、Image Influence APIの画像送信の扱い(imagefileパラメーター)に気をつける必要がありますが、他はドキュメントがとっても親切&サンプルもあるため、初心者の方にこそオススメなAIです!
現段階で期待しているAIのリアクションがないとしても、これからの数年が本当に楽しみな分野です。
この場を借りて感謝申し上げます。ありがとー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です