【Google】Youtube動画出稿の種類について

Youtubeに広告が付く事は皆さん知っていると思いますが、
動画広告にも色んな種類がありますので今回はさわり程度に紹介したいと思います。

 

たとえば
・中学生に車の購入を促す広告
・沖縄県在住者に、沖縄のホテル宿泊の広告
・既婚者にブライダル雑誌購入の広告

を見せてもターゲットが全然違うので購入角度はグンと下がります。

せっかくお金をかけて出稿した意味が無くなりますね・・。

 

やみくもに出稿する前に、ターゲットを定めたり「どのような理由で広告を出したいのか」を決める事が重要なのです|・ω・`)ノ

 

まずはどの広告形式が自分に合っているか確認


Youtubeに動画広告を出稿したい方は、「どんな意図をもって広告を出稿するか」が一番重要になります。

・新商品やイベントの認知度をとにかく高めたい?
購入意志の高い人に最後の後押しとして動画広告を見せて、自社通販サイトまで来訪してもらいたい?
・youtubeを見ている人にそのまま購入ボタン/アプリのDLボタンまで押してもらいたい。

などなど。広告を出す側の意向をまずハッキリとさせましょう。

そして7割のユーザーがスマホで閲覧しているので、スマホで見るテイで考えます。

 

広告出稿の形式

「なぜ広告を出すのか」が決まったら、目的達成に一番近い動画の出稿形式を選びましょう。
※予算内などでも選んでOK!

 

バンパー広告


バンパー広告は6秒で終わるCMで、認知度を上げたい方にぴったりです。
インパクト重視・顔のUPから始まり・主役が接近している動画を作る事が推奨されています。

例)ゼスプリ6秒CM

6秒CMはユニークなものになっていますね!(キウイブラザーズのぬいぐるみがほしい・・・)

 

インストリーム広告



インストリーム広告はスキップできる15秒のCMです。(最初の5秒はスキップ不可。15秒まるごとスキップ不可にすることも可能)

バンパー広告よりも長い秒数なので販売促進・見込み顧客の獲得に利用すると良いでしょう。

例)ゼスプリ15秒CM

 

ゼスプリはただ秒数を短くしたり動画を切り貼りする事無く、用途ごとにしっかりと違う内容のCMになっていることが分かりますね!

15秒の方がストーリー性があるので訴えたい内容などが伝わります。

 

アクション広告


youtubeを見ている人にアプリのDL,ホテルの予約まで行ってもらいたい!そのまま購入してもらいたい!
という方向けに、広告下部に「購入ボタン」を設置することができます。

※ボタンの文言は購入、ダウンロード、予約など変更する事ができます。

最近はアプリDL広告や、怪しいダイエットサプリなどにアクション広告がよく使われています。アプリDLに関しても、広告で「無料!」と謳いつつ実はDL後7日間だけ無料・・という罠がありますので気をつけたいところです。。

 

 

この他にもマストヘッド、アウトストリーム、ディスカバリーなど様々な広告の種類がありますが、メインとなる3つを紹介しました!
ご自身に合う広告形態を探ってみることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

【今回お世話になった記事参照元】
https://support.google.com/google-ads/answer/2375464?hl=ja
https://support.google.com/youtube/answer/2375464?hl=ja
https://support.google.com/google-ads/answer/7671017?hl=ja

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です