noteで書く

「なんでこんなに可愛いのだろう孫という名の宝物」と昔一世を風靡した歌の文句がある。

けれど自分にはこんな文句は当てはまらない。

分別がついてきたらいろいろなことをしっかりと教え込まないと、と密かにおもっていた。

自分の子供たちには仕事にかまけて遊んでもやれなかったし全然 任せきりでした。

孫が来たらあれもこれもと準備はしていたつもりだったがひと目見たその時から、

一言話したその時から、すべてのプログラムが初期化してそこにはただ言いなりになる、

自分がそこにいた。

何をしても許せるしされても許せる。親が何か言うものなら孫の見方に即変心。

「子を持って知る親のありがたさ」じゃないけれど

「孫を持って知るじいじばあばの嬉しさ」かな?

写真はイメージです
写真はイメージです

written by  SADA

noteで書く

関連記事

木版画のイメージってどんなですか?

休日のお出かけコース(えづりこ古墳公園、石窯パン工房ミッシェル)

そろそろお出かけしたい春

大震災の記憶

アニメ映画「鹿の王」観てきました

心模様を楽器で奏でられたら

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です