noteで書く

昨日、久々にプラネタリウムが見たいと言う母を連れて、秋田ふるさと村に行ってきました。

てっきりプラネタリウムは一日中やっているものかと思いましたが、どうやら一日に2~3回しかやっておらず、次の投映回まで一時間も待たなくてはならないようでした。

 

どこかで時間を潰そうとぶらぶら歩いていたところ、ちょうど美術館の5階でバイオリンとピアノの演奏会をやっている最中だと知り、早速聴きに行ってみることにしました。

会場に着いたときには演目の半分が終わってしまっていましたが、力強いピアノの音色と美しく響くバイオリンの音にすぐに聴き入り、心身ともにリラックスし、日頃の疲れが癒されたような気がしました。

今はネットやアプリ等で好きな曲をいつでも手軽に聴くことが出来ますが、やはり生で聴く演奏や歌声は格別な物だと思います。

 

メインのプラネタリウムですが、今回見に行ったのは「オーロラの調べ」という番組です。

タレントの篠原ともえさんのナレーションとともに、実際にアイスランドやアラスカで撮影したというオーロラと大自然の映像が流れ、テレビ等では味わえない迫力に魅了されました。

映像だけではなくオーロラが光る仕組みをCGでわかりやすく解説しており、大人から子供まで誰でも楽しめる内容となっていました。

私自身、オーロラがどうやって光るのか、そもそもオーロラとは何か、ということが分からなかったため、とても勉強になりました。

 

今回、行き当たりばったりで出かけてしまいましたが、意外と充実した時間を過ごすことが出来ました。

もしかしたら、計画を立てずにぶらぶらと歩いたほうが偶然の出会いがあるかもしれません。

 

最初は付き添いで行ったプラネタリウムでしたが、画面いっぱいに広がるオーロラは本当に素晴らしいものでした。

皆様もぜひ、大画面でオーロラを見てみてはいかがでしょうか?

0829-02

writtien by 孝昭

noteで書く

関連記事

怖がりは絶対見るなよ!おすすめの「ガチホラー映画(洋画)」オカルト編

ライブハウスの思い出

壁に耳あり障子に目ありどころじゃない話

夏の終わりに「微ホラー映画祭り」

冬を乗り切るために真夏のうちから常春空間を目指す話

善きこと、悪しきもの

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です