暖かい日が続き山菜の美味しい季節がやってきましたね。

 

今年も初物の山菜「タラの芽」「コシアブラ」を頂く機会があり、春の訪れを感じました。

※写真は「コシアブラ」です。

早速新鮮なうちに山菜を食べることにし、調理方法を考えてみたのですが・・・

考え抜いたすえ、どちらも天ぷら(自分が天ぷら好きなので(笑))で食べることにしました。新鮮な山菜はヤッパリどれも美味しいですよね。

そしてなぜか大人になるほど、くせや苦みのある食べ物も好きになってきて、

この苦みなどを味わうことで春を感じられるので楽しみの一つでもあります。

 

このように苦み成分の多い植物は(春の植物には多いようです)昆虫などの外的から身を守ろうとする防衛手段の一つ。

ですが成分は体の余分な老廃物を外に出し、肝臓のろ過機能を向上させて胃腸を刺激・活性化する働きをしてくれます。

 

いつも旬なものを食べていられるのは、祖母を始め山菜を分けてくれる方がいるからです。皆様にとても感謝しています。

自分も以前は祖母と一緒に山に何回か行きましたが、山菜を見ても違いが判らないので

食べる専門に変更しました(笑)

 

他にもまだ食べてない山菜はたくさんありますが、皆さんの中にも山菜採りに行く方もいると思いますが遭難と熊には注意を!

今は、わらび園のように手軽に山菜採りを出来る場所もあるので初心者の方には良さそうですね。

そんな山菜のカタログ制作なら「秋田パンフレット制作.com」へどうぞ

written by KERORINA

 

 

関連記事

とりテン ダマテン それフリテン

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です