スーパーなど、店頭でちらほらと『梅』が並ぶようになりました。

今まさに梅酒作りの季節ですね。

皆さんは梅酒を手作りしたことはございますか?

 

我が家の場合、梅酒作りに必要な一般的な材料を、ある物に変えて作っています。

それだけでさらに美味しい梅酒が出来上がるので、今日はそのご紹介をさせていただきたいと思います。

 

まず、一般的な梅酒の材料はこの3つです。

 

(1) 梅の実

(2) 氷砂糖

(3) ホワイトリカー(焼酎)

 

この材料を、きちんと消毒したガラスの容器に入れ、約1年ほど寝かせると梅酒が出来上がります。

(分量については氷砂糖のパッケージにもれなく記載されていますのでご参考にしてください。)

 

(3)のホワイトリカーは、無色透明で香りやクセがない果実酒用の焼酎です。

梅の季節になると、梅の実と並んで陳列されていることが多いです。

 

ですが、我が家の場合は、このホワイトリカーを『ブラックストーン(湯沢市産)』という焼酎に置き換えて作ります。

梅酒はただでさえ美味しいのですが、これをブラックストーンで作ると、驚くほど芳醇な風味と美味しさになります。

 

 

…ただ美味しい話にはやはり裏があります。

問題なのは、材料費です。

 

一般的なホワイトリカー 一升サイズ(1,800ml) 1,080円

ブラックストーン 四合瓶(720ml) 1,650円

 

分量で計算すると、ホワイトリカーに対してブラックストーンで作った場合の材料費は3.8倍…Σ(゚д゚;)

この投資額でも納得できるかどうかは、ぜひ作ってお確かめください(笑)

ちなみに私、一度この材料で作った梅酒を飲んでみましたところ、あまりの美味しさに普通の梅酒には戻れなくなってしまいました。

 

ブラックストーンでなくとも、他のお好みの焼酎でももちろんOKですし、ブランデーでも美味しい梅酒ができます。

梅の種類や氷砂糖の分量でも、また違う梅酒に仕上がります。

 

自分で作ったとなるとさらに格別な気分も味わえますよね。

自分好み仕立てる楽しみ、乙なものです。

 

皆さんも自家製自慢のものがありましたらぜひお教えください。

written by あーさん

関連記事

とりテン ダマテン それフリテン

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です