日本におけるFacebookのアクティブユーザー数は右肩上がりで2,700万人に達し、世界においては20億人を突破しました。

Facebook社の株式の時価総額は全世界で5位。日本1位のトヨタが47位なのでそのすごさがわかると思います。

Facebookは2004年にマーク・ザッカーバーグと同級生エドゥアルド・サベリンとでつくったハーバード大学生の会員制SNSがもととなっています。映画「ソーシャルネットワーク」では、その時の様子を克明にえがいております。ご興味のあるかたは是非見てください。

そして、2006年に学生から一般ユーザーへ開放されるとわずか11年で20億人ものアクティブユーザーを獲得しています。

若い年代で人気のあるInstaqgramというSNSがありますが、こちらの世界でのユーザー数は7億人、日本では1600万人です。実はこのInstagramもFacebook社が子会社化しております。

一方、Twitterはというと、日本でのユーザー数は4000万人とFacebookやInstagramよりも多いのですが、世界ユーザー数が3億2,800万人と少ないのが実情です。どうなってしまうんでしょうか?

 

そしてFacebook(Instagram)のすごいところは、広告をだせるところ。それも、特定の年代、地域、趣味などを指定して広告を出すことができます。おそらく、将来はこのようなSNSやyoutube、ブラウザなどからの広告がメインになってくるだろうと考えられます。

当社では、企業やお店のFacebook、ホームページなどを分析して、広告代行もしておりますので、お困りごとがある場合は是非ご相談ください。

written by 福ちゃん

関連記事

NEW!ペンタブ

梅雨の劇的ビフォーアフター

5月の贅肉ランキング

献血

36歳の私(。◕ˇдˇ​◕。)/

梅雨のちおつまみタイム

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です