10月6日現在、例年であれば稲刈りが8割くらい終わってて、刈り取りの終わった田んぼが広がっている時期だけど、今年は結構な面積の田んぼが稲刈りを待っている状態です。

ウチは集落営農組合で、集落の田んぼを役員が分担・協力しながら稲刈りを進めますが、それでも全体の半分くらいが残っています。

秋になり緑色から黄色に変った田んぼを「黄金色の絨毯」といった表現をしたりしますが、今年は8~9月の大雨や強風で結構な面積の田んぼが潰れてしまい、「使い古して生地がほつれてしまった絨毯」のようになってしまいました。

 

去年の今頃は「あと数日で稲刈りも終わる、今年も頑張ったな~」と言うような会話をしてたのに、今年は「いつになったら終わるだろう」という会話になってます。

北海道で初雪、というニュースを見ました。

八幡平山頂でも雪が降ったそうです。

スタッドレスタイヤや暖房器機のCMが毎日のように流れるようになりました。

季節は少しずつ冬に向ってます。

早く稲刈りが終わって、美味しい新米を食べたいものです。

written by ナカジマ

関連記事

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

任天堂のフィットネスゲームで冬を楽しく過ごしてみる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です