パンフレット・チラシなどの印刷物やインターネットのホームページの中に、文字の間違いなどを見つけたことがありますか?

原因は、ほとんどの場合校正時の見落としです。

校正とは印刷する前行程のチェック作業のことです。
原稿(文字・写真・色・雰囲気などのご指示)を元に作られる印刷データが、原稿どうりになっているか、指示通りになっているかの確認作業。
初校,再校,三校など何回も行われ,確認作業が終ることを校了と言います。ここにチェック漏れが有ったと言うことになります。

ミスをした本人はもう大変です。費やした時間が無になるような虚脱感の中に、お客様のお怒りのご様子、営業の困り顔などがぐるぐる浮かんで来ます。

大事なのは、お客様にご納得いただけるように、対策をこうじていくことにあります。

信頼を取り返せるかどうかは、現状把握、リカバリー対応、謝罪、再発防止策の認識などの行動力・判断力にかかっているようです。

・・・あとは、もう飲むしかないね!飲んでしまえ、飲んでしまえ!

 

written by taka

関連記事

NEW!ペンタブ

梅雨の劇的ビフォーアフター

5月の贅肉ランキング

献血

36歳の私(。◕ˇдˇ​◕。)/

梅雨のちおつまみタイム

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です