こんにちは、夏野菜はオクラが好きなころもちゃんです。

先日のゆずひこ氏のスタッフブログは長い時代を経て手元へ巡ってきた楽器のお話でしたが
最近似たようなお話を聞いたのでそれを書きたいと思います。

腕時計!ロレックスのお話ですヽ(´`)ノ

ロレックスといえば、スイスの腕時計メーカーとその主要ブランドの名前。
ロレックスに対する私の第一印象は
お金持ちがつけてる・高い・こわい・・・みたいな偏見極まりないものだったのですが、
その真の姿は、機械ではできない職人の手作業でつくられる、まさに工芸品なのです!

工芸(こうげい)とは、実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物のこと。
多くは、緻密な手作業によって製作される手工業品である。
あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なる。
(Wikipedia先生より引用)

—工芸という言葉が、ロレックスのためにあったのではと思うほどしっくりきます。

なぜかというと!!ロレックスは!!!
・手作業で作られる文字盤の美しさと廃れないデザイン
・オイスターケースによる高い防水性(300m防水のものも。普通の腕時計は水NG)
・丈夫だけど安全性も考えられたブレスレット(傷も磨くことで消すことが出来る)
・100年前に製造されたものでもサポートしてくれる!(日本メーカーはできていない)
・革新的なデイトジャストという機構

ほかにも、「オイスターパーペチュアル」「サブマリーナ」「エクスプローラー」など
時計のネーミングがかわいかったり、文字盤に隕石を使用しているものがあったり・・・
時計としての正確さ、防水性、耐久性も抜きんでていて、要はコスパがめちゃくちゃいいのです!!
100年以上使えるので、いろんな人の手元を渡り歩いている子もたくさんいるんです。

・・・語りだしたらきりがない!こんな感じで時計の沼に足を突っ込んでしまいました(´`)
腕時計、もっと造詣を深めていきたいです・・・。ちなみに機械式腕時計未所持です()

秋田県にもミナセという腕時計メーカーがあり、近未来的な文字盤がとてもかわいいです!!

ちなみに私は文字盤裏の自動巻きのムーブメントを見るのが大好きです。
自動巻き腕時計着用の方はぜひムーブメントを見せてください・・・!!!

 

written by ころもちゃん

関連記事

うっかりしがちな免許更新

Merry Chiristmas☆彡

サブスクサービスで1年を振り返る

飲み会シーズン到来

ここ3か月位のラーメンBEST3

任天堂のフィットネスゲームで冬を楽しく過ごしてみる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です