本を読む...マンガ大好きの自分にとって、本=マンガでした。

 

しかし、最近は自己啓発本やスキルアップ本など色々と本を読む機会が増え、今更ながら本を読むことの大切さをもの凄く感じている今日この頃です。

 

まずは、そもそもなぜ読書が大切なのか、それは皆さんご存知の通り「学び」があるからです。知らなかったことを知ることが出来た、覚えたことを実践することが出来た、使える言葉の幅が広がったなど、人によって捉え方は様々ですが何かしらの成果を感じられることこそが、この上なく気持ち良い瞬間です。

 

そして、その成長過程を再び味わうため自主的に次の一冊、また次の一冊へと進むことがまた何よりも大事なポイントです。人から言われたから読むのではなく、また嫌々と作業的に読むのでは、せっかくの貴重な時間がもったいない気がします。もちろん嫌々でも本を読む練習にはなるかもしれませんが、読んでいて楽しくなければ自らの成長にはつながりません。もう一つ大事なこととして、読んでインプットしたことをどんな形でもいいので必ずアウトプットすることです。自分の言葉でまとめることによって理解はより深まり、繰り返すことで知識は自信へと変わるでしょう。

 

最後に、読書は脳を活性化し、語彙力を養い、考える力と表現力を磨ける素晴らしいツールだと思います。まずは自分の好きなジャンルからでいいので楽しく継続的に読書をはじめてみませんか。

 

written by Jumbo

関連記事

〇〇以外のこと

チャレンジデーです!

変化(チャンス)を楽しむ!

五月晴れ

初夏の風物詩

UNOの積み重ね禁止ルール!?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です