作業机の引出しのなかを片付けていたら、二十年以上も前の写真が出てきました。

今はもう散らばっている仕事仲間たちと写っているその写真を見て、当時のことを懐かしく思い出しました。

記憶の糸(この写真がなかったら、おそらくは消えていた記憶です)が繋がっていきます。

見た目の記憶の引出しというか、写真の魅力に改めて気付かされました。

 

当時はコマーシャルフォト用のカメラ、中判フィルムカメラをメインで使ってました(ブローニーやロクナナなどと呼んでいましたが)。

リバーサルフィルム(ポジフィルム)とネガフィルムを使用目的によって使い分け、ポラロイドで確認しながらの撮影でした。

更にそのフィルムを写真屋さんで現像プリントしてもらいます。今では考えられないくらい、手間暇(てまひま)が掛かっていました。

 

みんながカメラを持ち歩く時代になりました。

手元にあるスマホやガラケーにカメラが付いています(いい時代になりました・・・なんて話すと「年寄りくせ!」って言われそう)。

思いついたら家族や仲間を撮りましょう。

いちばんのお勧めは、酒の席!みんなの顔がだんだん壊れてくるところを是非。大切な一枚になること請合います。

 

written by taka

関連記事

花巻市の奇跡 マルカン食堂

目指せ☆おしゃキャン

会社周辺の自販機にココアがなくて絶望している

夏至が早すぎる話

〇〇以外のこと

チャレンジデーです!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です