意外と知らない?! youtubeの使い方〜「ハッシュタグ」の付け方〜

みなさんこんにちは。tatsuです。
少しずつですが、夏が近づいてきました。朝はまだ半袖だと肌寒いので長袖を羽織っているのですが、
午後からはそれだと暑くなり始め、服装が難しい季節です。
対面にいる弊社エンジニアは、GW明けくらいから「半袖半パン」で仕事しておりますw
小学生に勝るとも劣らないエネルギッシュさ!見習っていきたいところです。

さて3月のメルマガでyoutubeのハッシュタグについて書かせていただきました。
意外と知らない?! youtubeの使い方〜「ハッシュタグ」について〜

今回は「ハッシュタグ」の実際の付け方やルールについて書いていこうかと思います。

ハッシュタグをいれる場所

 

youtubeでハッシュタグを記載できるのは「タイトル」部分と「説明欄」部分になります。

 

youtubeでは「説明欄」につけることを推奨してるようですので、説明欄につけましょう。

 

 

ハッシュタグの記載の注意点

実際に説明欄部分にハッシュタグをつけていくのですが、何点か注意点があります。

 

1.頭の「#」は半角で。

「#」を全角で記載すると、ただの文字として認識されハッシュタグになりません。

 

2.基本的にスペースを入れずに書く。

例:「#秋田県 横手市」
上の例のようにスペースを入れて書くと、ハッシュタグとして認識されるのは「#秋田県」までになります。なので長めの単語を記載するときも「#秋田県横手市」とスペースを入れずに書きましょう。

例:「#秋田県#横手市」
複数の単語をハッシュタグとして記載したい場合もスペースを入れなくても大丈夫です。

例:「#秋田県 #横手市」、「#秋田県、#横手市」
こちらはタグとタグの間にスペースを入れてもハッシュタグとして認識されるようです。
句読点で区切っても問題ないようですが、基本的にはスペースをいれずに続けて書くようにしましょう。

 

3.動画と関係のないハッシュタグはつけない。

トレンドワードをハッシュタグにいれたいからといって、全く関係ないワードはいれない方がいいです。
見てもらえる回数は増えるかもしれませんが、あとで動画が削除される原因となります。

 

4.ハッシュタグを大量にいれない。

たくさんハッシュタグをつければ、それだけ色々なタグからの流入に期待できる気がするのですが、
15個を超えるハッシュタグをつけると、その動画の全てのハッシュタグが無視されるようです。
基本的にその動画で視聴者に表示されるハッシュタグは最初の3個なので、ハッシュタグは3個くらいにとどめておくのがいいかと思います。

 

5.YouTubeのポリシーに違反するワードは使わない。

・暴力的、または脅迫的なもの
・性的なもの、またはそれを思わせる表現のもの
・人種差別、性差別なもの
・個人、または集団に対する侮辱的なもの
・下品な言葉、冒涜的なもの

ハッシュタグも上記に抵触している場合、削除の対象になりますので使わないようにしましょう。

 

以上の5点に注意してハッシュタグをつけるようにしましょう。

詳しくはyoutubeヘルプのページに記載されております。
動画検索でのハッシュタグの使用

 

 

前回も書きましたが、ハッシュタグをつけることによって、検索で上位に表示される可能性も高まります。

説明欄に簡単に記載することができますので、注意点をしっかり守ってぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です