未経験の新人デザイナーが入社後にスキルアップできた研修 3step を新人目線で解説!

こんにちは、アイクリエイト デザイナーの後藤です。
AKITA SOLUTION MAGAZINE は3回目。
入社は2年目に突入です。今回もよろしくお願いします!

 

 

私はアイクリエイトに入社するまで、デザインについての知識も技術もありませんでした。そんな私がこの会社に入ってからの新人研修期間に実際に行なった練習や感じたことを、イラストとともに紹介させて頂きます。

 

 

■入社するまで

 

→興味はあったけどスキルは………( ˘ω˘ )スヤァ…

 

独学でPCを使ってイラストを描いていましたが、IllustratorやPhotoshopの実践経験や、デザインに対する専門的な知識はありませんでした。しかし「新しいものを生み出す仕事に携わりたい!」という思いが強く(入社当初のブログをご覧いただければと思います)、その夢が実現する嬉しさで、やる気と熱意だけはあふれていました。

 

 

 

■基礎知識をつける

 

→操作はもちろん、コミュニケーションの準備運動にもなった

 

はじめにIllustratorやPhotoshopの基本的な操作方法から学びました。教本1冊を見ながら、本と同じ操作をする。すぐに質問できて、丁寧に指導してもらえる環境に置いていただくことができ「とてもいい会社に入ったな」と感じました。入社当初は分からないことだらけでしたが、それをきっかけに上司とたくさんコミュニケーションをとったおかげで、(デザイナーとしてと言うよりは社会人として)よいスタートを切れたと思います。

 

(ここら辺で自分で名刺をデザインして断裁して仕上げる、という研修があったのですが、アプリの特性を理解していないうえにデザインの基礎知識すらも皆無だったので、もはや黒歴史です。)(自分の成長を測るものさしの0地点という意味では、とてもいい経験になりました…)(この記事を書くにあたり久しぶりに当時のデータを見ましたが………………)

 

 

■デザインを再現する

 

→実用的な機能の習得、デザインの構成を理解できる

 

デザインの基礎について書かれた本を1冊頂き、載っているものと全く同じデザインをIllustratorで再現するという練習をしました。この練習をしたことで、Illustratorの様々な機能を知ることができました。実際の制作で多用するけれど、はじめに見た教本には載ってない上司直伝の操作がいくつもあります。またデザインを再現するには、どういう要素で作られているのかを理解しないといけないので、「デザインのインプット」を意識するきっかけにもなりました。

 

 

■実際のお仕事のお手伝い

 

→ワークフローや自社製品への理解が深まった

 

自社の名刺や写真の補正など、実際の仕事を少しずつお手伝いさせてもらいました。私の作ったものはすべて上司が目を通してくれて、修正が必要なものは「なぜなのか」を説明してくれました。部分的な作業から、だんだんと自分の作業する割合が増え、最終的には一通りの仕事を担当させて頂くまでになることができました。何回も業務に携わらせてもらえたので、ワークフローを反芻することができました。またWEBやポスター、チラシ、テレビCMなど様々な媒体のデザインに関われたため、自社でどんなものが制作されているのかをよく知ることができました。

 

これもしかして、巷で噂の『OJT研修』ってやつでしょうか。

 

 

■入社して1年と4カ月

 

長くも短くも感じますが、スキルアップできる環境と頼もしい先輩方のおかげで、日々着実に力をつけられているように感じます。
まだまだ経験談・失敗談はありますが、今回はひとまずここまでとさせていただきます。
これからもたくさんの学びを得られるよう、デザイナーがんばります!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

PS.逃げちゃ駄目とか言いますけど、しんどい時は逃げるは恥だが役に立ちます(自戒)

■2019/11/06:追記:タイトルを変更しました(旧:未経験の新人デザイナーが入社後に行なった研修でスキルアップできた話)

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です