どうなるの?LINE@がLINE公式アカウントに!

いつも「AKITA SOLUTION MAGAZINE」 をご覧いただきありがとうございます。アイ・クリエイトの赤川です。

LINE@がLINE公式アカウントへ統合されることが決定されていることがLINE株式会社より発表されていますが、今回は「LINE@がLINE公式アカウントになるとどうなるの?」をお題に発信していきたいと思います。

どう変わっちゃうの?

まずは今までのLINE@のプランは

「フリー」「ベーシック」「プロ」の3プランにわかれていました。

多くの方が使っている「フリー」プランでは料金は0円ですが、1,000通までのメッセージ配信と月4回までのタイムライン投稿ができます。ただし、リッチメッセージや動画メッセージを配信できず、リッチメニューもつかうことができませんでした。

リッチメッセージとは。。。リンク付きの画像を配信できる機能です。視覚的に情報をとどけることができるので反応率が高いメッセージです。

画像引用元:http://manual-at.line.me/archives/1020056348.html

リッチメニューとは。。。トークルームのキーボードエリアにアカウント独自のメニューを展開できる機能です。画像をタップするとWEBサイトへの誘導ができ、視認性にすぐれているので、フリープランのLINE@とあきらかな差別化ができます。

画像引用元:http://manual-at.line.me/archives/1020056348.html

【旧】LINE@プラン表

画像引用元:https://at.line.me/jp/plan

【新】LINE公式アカウントプラン表

画像引用元:http://blog-at.line.me/archives/53099186.html

一方、新しくなる公式アカウントでは、3つのプランが名前も変わり、「フリープラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」となります。

「フリープラン」は今までどおり、料金は0円ですが、無料メッセージ数は1,000通までです。ただし、メッセージの追加購入はできません。しかしながら、タイムライン投稿は無制限となります。しかも、リッチメッセージやリッチメニューなどの機能が使えます。これはうれしいですね。

そして、今回の変更で一番変わったのが、2つ目と3つ目のメッセージ機能です。今までは、5,000人以内、100,000人以内は無制限で配信できました。しかし、公式アカウントに変更になってからは人数ではなくメッセージ数の制限が設けられました。「ライトプラン」15,000通まで。スタンダードプラン45,000通まで。この制限を超えると、追加メッセージ料金がかかることになります。

※今までは画像とテキストを送信した場合、2通(2吹き出し)というカウントでしたが、新プランからは3吹き出しまで1カウントになります。 1ユーザーに対し、単純に3倍送れるようになりました。

 

今後のスケジュールについて

①LINE@を利用している方には4月18日以降に順次、移行の案内が届くようです。

②その後、8月19日までに移行の手続きを済ませる必要があります。

③移行が行われなかったアカウントに対しては強制的にLINE公式アカウントのフリープランへの移行がされるようです。

※ただし、そもそも「フリー」無料プランの方は「フリープラン」への移行になるだけですが、有料プランの方は強制的に「フリープラン」への移行になりますので、メッセージ数の配信制限等注意が必要です。

今回のポイント!

今回の統合により、友だち数が多いアカウントにとっては一斉配信を行うといつもより料金がかかってしまう可能性がありますので、ターゲットをきちんと設定し、ユーザーの属性を絞り込んだセグメント配信が必要になってくるでしょう。

目的を明確にし(why)ターゲットに(Whom)いつ(When)何を(What)どのように(How)配信するかをきちんと考えることが重要です。

また、全アカウントからリッチメッセージなどを配信できますので、よりターゲットにあわせたデザイン性のあるメッセージも重要になってくるでしょう。

デザインをする人手が足りない方などは

定額制(月額4万円)デザインの依頼し放題サービス「デザサポ」もぜひご検討ください。バナーやSNSの投稿画像なども作成できますよ。

注意事項などはLINEのWEBサイトにかかれています。是非ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です